2011年04月19日

視力回復 & 右脳活性「アイサプリ」トレーニングプログラム特典多数 通販

視力回復 & 右脳活性「アイサプリ」 口コミで評判の
トレーニングプログラムのご紹介です。

現役眼科医本部千博先生の 自宅で簡単視力回復法「アイサプリ」

年間2万人にのぼる患者を診察し、
多くの方の視力回復を成功に導いてきた現役眼科医師が
自宅で簡単に、
視力を回復させる方法を公開しています。

期間限定の特典,お知らせもありますので、今すぐご確認下さい。

詳しくはこちら⇒
自宅で簡単視力回復法「アイサプリ」

---口コミ---
■「この子の視力は元にもどらないのでしょうか…?」
学校の視力検査で
娘が視力0.4と診断されたときは、本当にショックでした。
でも、
あの時、あきらめなくて良かったと思います。

-----------------------

新学年,新学期が始まり健康診断の時期でもあります。
視力検査で子供さんの視力は大丈夫でしたか?

「正しい目の使い方」を実践することで、
視力を鍛えて メガネやコンタクトレンズに頼らなくても
回復する「アイサプリ」って言うトレーニング法があるんですね!

眼科医に通わなくても、
自宅で自由な時間に簡単に行える視力回復法なのです。

簡単にできるゲームをパソコンで楽しむだけで、
脳が活性化され、視力が回復する。

「アイサプリ」は、目を鍛えるだけではなく、
脳を活性化させることで「視力」の回復を行うプログラムです。

ゲーム感覚でできるトレーニング法ですから
三日坊主にはならず,
毎日5分間,脳トレゲームを続けるだけで
視力が回復すると言う画期的なものです。

「アイサプリ」を実践して、
メガネやコンタクトから自由になりませんか!?

「アイサプリ」なら、家族みんなで視力回復に取り組めます。
ぜひ、実践してみては如何でしょう!!
期間限定の色々な特典などがありますのでお速めに!
先ずは体験者の声も掲載された
「アイサプリ」の ホームページへ
⇒⇒⇒


posted by Mack at 16:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

スーパームーン月と地球19年ぶり最接近

スーパームーンって知っていますか?
月と地球が接近することなんです。

1992年以来19年ぶりに
月と地球が最も接近した距離となったらしいです。

今回,おおよそ 35万6500km。

アメリカ航空宇宙局NASAによると,
月が地球と最も遠くなった時と比較して
大きさな 14%, 明るさは30% 増して見えるらしい。

月に関してもっと調べて見よう!!

Vixen 天体望遠鏡 PORTAII A80Mf 39952








posted by Mack at 08:57| Comment(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

【MyBook〜1冊からつくれる写真集〜】

【MyBook〜1冊からつくれる写真集〜】




マイブックとは自分で撮ったデジタル写真をインターネットから送ると
オリジナルの写真集にして届けてくれるサービスです。

子供の一学年の成長記録を写真集でまとめては如何ですか?

世界に1冊しかない自分だけのオリジナル写真集が簡単にでき
写真を撮るのがいっそう楽しくなりますヨ。

子供の成長記録・旅行・クラブ、サークル活動の思い出に
1冊からつくれる感動や喜びをあなたも・・・・!!


▽▼▽詳しくはここから▽▼▽

オリジナル写真集ならMyBook





posted by Mack at 16:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

志願者増、5年ぶり5倍=国公立大入試―文科省

志願者増、5年ぶり5倍=国公立大入試―文科省
時事通信 2月18日(金)17時54分配信

 文部科学省は18日、国公立大入試の確定志願者数が前年より1万4917人多い50万4193人になったと発表した。不況による国公立人気を背景に、募集人員に対する志願倍率は前年を0.1ポイント上回る5.0倍となり、5年ぶりに5倍に達した。
 国立大の志願者は37万817人(志願倍率4.6倍)、公立は13万3376人(同6.7倍)。医・歯学部、薬・看護学部がいずれも6.0倍になるなど、資格取得に結び付く学部が人気だった。 
---------------------------------------------

記事引用 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110218-00000101-jij-soci

posted by Mack at 13:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

全国学力テスト、全員参加復活へ 文科省案「数年に1度」

全国学力テスト、全員参加復活へ 文科省案「数年に1度」
産経新聞 2月17日(木)21時46分配信

 「全員参加」方式から「サンプル抽出」方式に改められた「全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト)について、文部科学省は17日、全員参加方式を数年に1度、復活させる案をまとめた。省内に設置した専門家会議の意見を受け、「子供たちの学力を正確に把握するには、抽出調査だけではなくきめ細かい調査が必要」と判断した。18日の同会議に復活案を示す。

 全国学力テストをめぐっては、民主党政権が日本教職員組合(日教組)側の「全員参加の全国学力テストは過度の競争を招く」という論理を取り入れ、平成22年から抽出方式を導入していた。しかし、教育界から「子供たち一人一人の学力把握には全員参加にすべきだ」といった批判を受け、軌道修正を迫られることになった。

 テストは、全国の小学6年と中学3年の学力を調査する目的で毎年4月に行われている。政権交代を受けて22年4月のテストから、全員参加方式が3割抽出方式に変わったが、今回の案では、24年以降、数年に1度だけ全員参加方式を復活させる。抽出方式では、集計結果に数%の誤差が生じるため、文科省では「数年に1度は誤差が生じない全員参加とすることで、調査の精度を上げる必要がある」と判断した。

 また、抽出から漏れた7割の学校では調査が行われないため、学校ごとや小規模の市町村の学力レベルに、どの程度格差が生じているか比較することが不可能という問題もあった。文科省は、民主党政権が進める「教育格差の解消」を実現するためにも、全員参加で正確な実態把握が必要という考えに傾いた。

 ただ、毎年、全員参加とすると、現政権の政策を全面的に否定することになるうえ、専門家会議などでも「少なくとも何年かに1度でもいい」という意見が多かったことから、「数年に1度」の案をまとめた。何年に1度にするかは専門家の議論に委ねる。すでに今年4月のテストは抽出方式とすることが決まっている。

 学力テストは、19年に43年ぶりに全員参加方式で復活したが、日教組の教職員らが「子供たちの競争をあおる」などと反発。政権交代を受けて21年10月、当時の川端達夫文科相らが4割の抽出方式に変更する方針を示し、さらに行政刷新会議の事業仕分けで3割の抽出となった。

-----------------------------------------
記事引用: http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110217-00000626-san-soci

⇒元SAPIX・日能研・四谷大塚講師が運営。プロ講師が個別指導






posted by Mack at 07:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気ブログランキングへ

△トップページへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。